2018年の作品なのでクオリティはそこまで高くないですが、それでも興味があれば視聴してみてください♪

YouTubeでは一部のtrackが100万回以上再生されていました。

Twitterできりにゃんの日常を見てみよう